カートをみる ログイン ご購入の前に お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

苦みのある葉や根をそのままサラダに。味と彩りのアクセントとして毎日楽しんでください。チコリ9cmポット苗


※掲載している写真はすべて当店の苗およびその品種の参考写真です。
※咲く花の色も個体によって異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。

 

■■チコリ■■
フランス料理によく利用される食材で、ほろ苦い独特の味が特徴で若葉や芽をサラダなどに、根をコーヒーに混ぜて、花をサラダや炒めものなどにします。小さな白菜のようなそのカタチは芽を軟白栽培して白く結球したものです。軟白化するには秋冬に根を掘ってプランターやビンに入れ土を多めにかぶせて保温します。夏から秋にかけて菊に似た美しく澄んだブルーの花を次々と咲かせますが、朝咲いて昼しぼむ一日花です。ガーデニングとして楽しむ場合、白と黄色の菊の花にこのブルーの花も加えてみてください。美しいガーデンがつくれます。エンダイブは近縁種です。別名キクニガナ、アンディーブやシコレとも。草丈100〜150cm。

■学名Cichorium intybus
■科名 キク科 多年草
■原産地地中海沿岸、西アジア、北アフリカ
■コンパニオン 
■収穫箇所と主な利用法若葉や芽をサラダに

 

 

■■育て方■■
日あたりよく水はけがよく栄養豊富なアルカリ性の土地を好みます。適度に湿気を保ちながら栽培します。比較的肥料を好みます。根は深く直根するのでプランターやコンテナで育てる場合は縦長のものを選んでください。草丈が高くなったら倒れないように支柱を立てます。根は2年目以降掘り上げます。こぼれた根からもよく発芽し根の一部を切りとって埋めておけば芽をふきます。暑い夏より秋から春にかけての栽培が適しています。和名キクニガナ。草丈100〜150cm。

夏の対策
高温多湿に弱いので暑さの厳しい期間は風通しがよい涼しい日陰で育てます。庭で育てる場合は日影にし地面の温度が上がらないように注意してください。梅雨や初夏、収穫を兼ねて茂りすぎている部分をカットしてください。

栽培時期

赤がベストシーズン、緑が栽培できる季節です。

 

栽培環境
■気温の目安風通しよく 耐寒性
■栽培場所 日なた半日陰日陰
■土壌 肥沃普通乾燥
■土 水はけ良く普通湿った
■水やり たっぷり普通少なめ
■肥料 多め普通少なめ

赤が栽培に適した環境です。

 

 

■■使い方■■
サラダやハーブティに全草を利用できるハーブです。苦みのある若葉や花をサラダに、根をローストしてチコリコーヒーなどにします。ハーブティは個性が強いのでストレートがおすすめ。タンポポと同じように刻んだ根をいぶってコーヒーに。コーヒーをつくる場合は、1.根を株ごと堀りあげてよく水洗いしぶつ切りにしてフライパンでよくロースト。2.香りがたってきたら一度冷ましミキサーなどで粉砕し再度フライパンに戻しよくロースト。3.十分香りがたったら完成です。4.この粉末をコーヒーを淹れる要領で。ミルクを加えると飲みやすいかもしれません。ノンカフェインなので妊婦さんや授乳中の方にもおすすめできます。タンポポコーヒーよりマイルドです。

◎乾燥させた「葉」「根」をハーブティに!
 解毒作用、消化促進、貧血防止に効果があるとされます。
◎「花」や「若葉」をサラダに!
◎「根」をコーヒーに!
◎「葉」をそのままサラダに、サンドイッチに、炒めものに、グラタンに、おひたしに!
◎「花」をサラダに、エディブルフラワーとして!
◎寄せ植えTIPS
・サラダにできるハーブガーデンに!
 チャービル、ディル、ロケットサラダ、イタリアンパセリ、ナスタチュウム、
 フェンネル、チコリ、チャイブ、ボリジ、セルバチコ、マスタードグリーン、サラダバーネットなど
・イタリア野菜ガーデンに!
 レッドチコリ、カステルフランコ、チコリトレビーゾ、プンタレッラ、チコリなど
・キッチンガーデンに!
 アーティチョーク、チコリトレビーゾ、レッドエイカー、チコリ、ルメックスなど

        
123456789101112
開花期              
収穫期              

■収穫期、開花期は目安です。栽培環境や個体によって異なります。

苦みのある葉や根をそのままサラダに。味と彩りのアクセントとして毎日楽しんでください。チコリ9cmポット苗

価格:

300円 (税込)

[ポイント還元 3ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品・交換についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ